C#のswitch文での変数のスコープについての質問です。 caseとdefault内で同じ変数名を使用したいのですが、次のように書くとそれぞれエラーになってしまいます。 ① . caseラベルには整数型の定数を書くといったが、より正確には定数式を書くことが出来る。定数式は定数だけを使った式で変数などを含まないものである。たとえば. private void method () { switch … 下記のコードで、caseの箇所をコメントに書き換えるとエラーが起きてしまいます。 caseに変数は指定できないのでしょうか? int BLOCK1 = 1; int BLOCK2 = 2; int BLOCK3 = 3; void Start { int i = BLOCK1; switch (i) { case 1: //case BLOCK1: //エラー。 一致すると、最初の一致 case を含む switch セクションに制御が移ります。 case 0.1: (浮動小数点数は不可) case x > 5: (大小比較は不可) case "XYZ": (文字列は不可) (2)複数 case句を使った switch文 分岐先を示す case句を複数つけた switch文です。 C言語ではswitch文という分岐方法もあります。if文とは少し異なる特性をもった分岐です。if文との使い分けの考え方や3項演算子の使い方も併せて覚えておきましょう。 C#なのですが、switchを使う際に条件を複数定義することは可能でしょうか? 例 switch(a,b) { case 1,0: break; } みたいな形にできるのであれば教えていただきたいです。 case~の末尾は「:(コロン)」であることに注意すること。 caseラベルの定数式. 普通に書くとswitch文の途中で変数を宣言することが出来ません。 例えば、以下の文はエラーになります。 switch (…) { case 1: ... (Cコンパイラ)では最後のラベルに記しても他のラベルと同じ理由でNGで … このようにswitch caseでは、比較元の変数を最初に一度記述しておけば、あとはそれをcaseに続く値と順次比較していくことができます。 ifの機能である条件判定と分岐に対して、1つの比較元から複数の処理に分岐するswitch caseを『多枝分岐』と呼びます。 5行目は、変数に値をセットしています。 7行目からswitch文が始まります。 11行目のcase 2は変数の値と一致するのでその配下の処理が実行されます。 12行目の処理が実行されます。 13行目のbreakでswitch文を抜けます。 breakがない場合. JavaScript switch~caseとif文の使い分けとは? if文でも条件分岐ができますが、使い分けのポイントについて考えてみましょう。 switch~caseとif文の使い分けのポイント. 単純な2分岐であればifを使う; 3分岐以上であればswitchを使う C/C++ではcaseブロックの中にbreak,returnといったswitch文から抜ける記述は必須ではありません。 (C#は必ず必要であり、break,returnがない場合はコンパイルエラーとなります。 3 + 5 + 9 このエラーは変数 k のスコープが case 文内ではなく、 switch 文内になっていることが原因です。 もし case 1: に飛び、そこで k を使用した処理がされていた場合、初期化されてないことなるのでコンパイラが自動的にエラーを返します。 各 case ラベルで、match 式と比較するためのパターンを指定します (前の例では caseSwitch 変数)。 Each case label specifies a pattern to compare to the match expression (the caseSwitch variable in the previous examples).