こんにちは、巣鴨ヴェリ歯科クリニックの田島です。 歯の神経を治療したことがある方は知っているとは思いますが、楊枝のようなものでグリグリされて、何度も歯科医院に通われましたよね。 歯の根の治療のことを根管治療(こんかんちりょう)と … そのため、「土台(コア)はやり直しの出来ない治療」だと思っていた方が良いと思います。 (実際はやり直しをすることも多いのですが、やり直しのたびに歯が削られてしまうので、治療回数はできるだけ減らすのが得策です) ・参考URL:

歯の土台を痛いまま付けるか、土台を破棄して根の治療をやり直すかで迷ってます。 左奥歯の根の治療をやり直しました。 そこの歯は10年近く前に神経を抜き、クラウンを被せた歯です。 昨年 春から痛みが出て、クラウンと土台を外して根の治療をやり直しました。 神経の治療が終わった後の歯は、穴が空いている状態になっているので、土台を立て、その上から被せ物を被せ、周りの歯と同じように噛めるようにします。 この際、患者様には「コア(歯の土台)の種類」と「クラウン(歯の被せ物)」の種類を決めていただく必要があります。 そのため、「土台(コア)はやり直しの出来ない治療」だと思っていただいた方が良いと思います(実際はやり直しをすることも多いのですが、やり直しのたびに歯が削られてしまうので、治療回数はできるだけ減らすのが得策です 短時間の治療で、噛み心地が自然な歯を手に入れられるブリッジ治療。しかし、ときに治療が失敗し、やり直しが必要になることもあります。ここではブリッジ治療の失敗例と原因、対策方法をまとめました。