平安時代は雅な貴族たちが日本独自の文化を多く作り出していった時代です。 その貴族たちは次々と独自の「遊び」を作り出し、今ではその遊びに使っていた道具や、遊びそのものが学問や歴史的史料などの重要文化財として今日に伝えられています。 貝合わせ遊びは、日本で生まれた日本独自の遊びです。 京都で生まれましたが、その後江戸時代まで広く様々な場所で遊ばれてきました。 京都、国際交流会館和風別館にて

貝合わせという遊びをご存知でしょうか。平安時代の貴族の遊びのひとつで、90個以上の貝殻を並べてひとつの貝殻に合う貝を見つけるという現代の神経衰弱に似た遊びです。貝殻の色合いや形の美しさや珍しさを競ったり、その貝を題材にした歌を詠んでその優劣… 最後に・・・平安時代の女性の間で流行した遊び、 「貝合わせ」 をご紹介します。 貝合わせとは、 各人がそれぞれに美しく珍しい貝を持ち寄り、その貝を見せると同時に歌を詠み、中立の立場にある審判が判定を下す ・・・という物です。 貝合わせがイラスト付きでわかる! [1]二枚貝の貝殻を使った平安時代からある遊び。 [2]女性器同士をこすりあわせる性行為。 [3]二枚貝の上下が重なること。 貝合わせとは 大きく分けて3つの意味がある。 貝殻を使った遊び 平安時代から伝わる元々は宮廷のお遊び。 2017/12/14 - Pinterest で vitamine4u2 さんのボード「貝合わせ」を見てみましょう。。「貝合わせ, 百人一首, 雛祭り」のアイデアをもっと見てみましょう。 テーマは「貝合わせ」。「貝覆い」とも呼ばれる、平安時代から伝わる遊びです。 貝合わせは蛤の貝殻を使います。桑名は日本でも有名な蛤の産地です。しぐれ煮や蛤料理、おいしいですよ! 蛤の貝殻をたくさん頂き準備しました。 貝合わせという遊びをご存知でしょうか。平安時代の貴族の遊びのひとつで、90個以上の貝殻を並べてひとつの貝殻に合う貝を見つけるという現代の神経衰弱に似た遊びです。貝殻の色合いや形の美しさや珍しさを競ったり、その貝を題材にした歌を詠んでその優劣… 貝合わせと聞くと、貝殻と貝殻を合わせる、平安時代の遊びをイメージする方が多いと思います。しかし、ここで言う貝合わせはそんな単純な遊びではありません! 貝合わせとは、女性同士が互いの女性器を擦り合わせて行う行為の事です。 貝合わせという遊びをご存知でしょうか。 平安時代の貴族の遊びのひとつで、90個以上の貝殻を並べてひとつの貝殻に合う貝を見つけるという現代の神経衰弱に似た遊びです。貝殻の色合いや形の