毎年、フリーランスの方々を悩ませている「確定申告」。そこで今回は、確定申告の基礎やすぐに青色申告できない理由、初めての白色申告でやるべきこと、『フリーランスエンジニアの確定申告あるある』までまとめて紹介します!準備がまだの方、苦戦している方は必見です! ※アリスソフト『配布フリー宣言』対象ソフト配布 ※2019/03/21 geocitiesのサービス終了に関する対応 ※2018/02/27 配布データの追加(ALICEの館3ディスクイメージ)・文言の修正 本記事ではフリーランスの源泉徴収についても解説しています。源泉徴収は会社員だけでなく、フリーランスにも関係してくる知識です。間違った請求書の作り方をして恥ずかしい思いをしないためだけでなく、損をしないためにも正しい書き方を覚えましょう! この記事では現在までにわかっているフリーランス向けの支援策にはどのようなものがあるのか?最新の情報を解説していきます。 【目次】 1ページ目:最大100万円!収入減少額を給付する「持続化給付金」 原稿料や講演料など; 弁護士、公認会計士、司法書士等の特定の資格を持つ人などに支払う報酬・料金; 社会保険診療報酬支払基金が支払う診療報酬; プロ野球選手、プロサッカーの選手、プロテニスの選手、モデルや外交員などに支払う報酬・料金 個人事業主(フリーランス)として重要な書類の一つが請求書です。確実に支払をしてもらうためには、必要事項を漏れなく記載する必要があります。基本的な請求書の書き方を知っておくと、取引がスムーズになるだけでなく、確定申告時に明確な処理ができます。 無料から使える、シェア No.1 のクラウド会計ソフト freee(フリー)。初めての決算書作成や確定申告も、簡単に行えます。中小企業の経理・会計を自動化し、時間を削減。消費税増税やマイナンバー制度など税制・法制改正に無料で自動対応するから安心。 つまり、例えばフリーエンジニアに、著作権を買い取る形態で、Webサイト制作を発注した場合で、原稿と写真は発注者が用意したとなると、フリーエンジニアに支払う報酬の内、源泉徴収の対象になるのは、デザインの報酬分だけになるのですね。