スノーボードを初めて体験するためには無くてはならない「ボード(板)」。 初心者の方にとっては選ぶのは楽しくもありつつも、どれがいいのか分からないという不安もあるでしょう。 特に、自分の身長や体重にピッタリくるものはどんな長さのボードなのか?

スノーボードの形状:ロッカー スノーボードの固さ:柔らかめ(A.ほどは柔らかくなくてもOK) セットバック:0〜0.5cm 注意点:癖の無い普通のタイプ このタイプのスノーボードは操作しやすいので、ターンもトリックも簡単にできます。 また、逆エッジになりづらいという特性があります。

スノーボード~やっちゃいけない選び方~ 身長から15~20cm短い板を選ぶ! これはみんなスノーボードの板を買おうかなってときにネットで見たり、先輩から聞いたことがあるだろう。身長165cmの人が150cmくらいの板を選ぶとしよう。 こうなる。 楽天市場-「スノーボード板の選び方」ガイドです。スノーボードを始めるにあたって重要な板の選び方。長さや幅、硬さ、形状などさまざまなタイプがあるため、初心者の方には扱いが難しく上達が遅れる場合もあります。ここでは、スノーボードの板の選び方について紹介します。

スノーボードの板を選ぶ(購入する)際に、ボードの硬さを気にされる方は多いと思います。以前、違うメーカーのボードで比較(購入検討)していた際に、メーカーによって硬さの基準が全然違うことに驚きました。わかりやすく言うと、 Aメーカーの「柔らかい それをはじき出すための要素が、体重と身長です。 勘違いしやすいのですが、スノーボードの板を選ぶときは、まず自分の体重を基準にします。 身長が同じで体重が違う人が同じ板に乗った場合、当然板にかかっている負担は違いますよね。

スノーボードのサイズ選びで体重を重視するべきか みなさんこんにちは。エス氏です。スノーボードのサイズ選びはなかなか悩ましいところですな。エス氏的には前回の記事でご紹介した基準から、例えばグラトリ用なら数cm短めの板を選ぶようにしています。 スノーボードには様々な種類があり、初めは何を選んでいいか分からないかもしれません。まずは板の長さ、幅、硬さに着目して、自分に合ったボードを選んでいきましょう。初心者のスノーボードの選び方として、一番無難なのがこの選び方でしょう。 スノーボードを始めたばかりの方は、ハイクアップなどしないと思われるかもしれません。 慣れない板をつけたままの横移動、転倒と起き上がりの繰り返しなどで大量の汗をかいてしまいます。初心者の方も、体温調節を怠らないようにしましょう。


スノーボード記事第二弾です。 ウェアの選び方 板の選び方←今ココ ブーツ・バインディングの選び方 スノーボードと言えば、名前の通りボード(板)です。 僕なりの考えですが、初心者〜中級者くらいまでは『無難』な板を選ぶと良いと思ってます。