アメリカの大学院で専門分野をさらに研究したくありませんか?アメリカの大学院留学は注目を集めつつも、学費などの高額な留学費用からなかなか実現できないという人も多いのではないでしょうか?このコラムでは、州立と私立の大学院にかかる一般的な費用を比較しています。 アメリカ国内には、ホスピタリティ/観光学を専門とし、留学生が学位や認定証を取得できる優秀な学校や大学はたくさんあります。 下にあるアメリカの地図上で留学を希望する州をクリックするかスクロールして情報を閲覧してください。

アメリカの大学院には、各大学が支給する奨学金制度が充実しており、そのほとんどが返済不要となっています。留学生でも応募することができるので、ぜひチェックしてみましょう。奨学金は主に、「メリット型奨学金」と「ニード型奨学金」の2つに分類されます。 アメリカの大学が、日本だけでなくいろいろな国から、返済不要の奨学金を給付してでも留学生を入学させたいと思っているのはそのためです。 学生たちは、世界で起きていることと友達の体験がつながっていることに気づいたりして、多様な世界があることを知っていきます。 アメリカの大学院へ留学しようとするとき、気になるのがtoeflの点数です。大学によって入学に必要な点数は異なります。学部によってもtoeflの最低点が異なることもあります。今回の記事では、一般的なアメリカの大学院のtoeflの足切りについて 留学ジャーナルがオススメする海外の大学院学校一覧ページです。大学院で学びたい専門分野を、ビジネス、国際関係学、開発学、通訳・翻訳、エンジニアリング、英語教授法などの専攻別に探すことができます。自分に合った留学先を探すことができます。